銀行の方が審査は厳しい

貸金業者の融資も千差万別
貸金業者の融資は、一般的に銀行よりも審査が甘く融資のスピードも早い、でも金利が銀行よりも高いと言われています。
これに関しては、半分正解ではありますが、半分間違いだと言えます。
もちろん、銀行の方が審査は厳しい傾向にあり、その分貸金業者は金利が高い傾向にあります。
ただ、一方で貸金業者であっても、金利が銀行と同じぐらい低いところもありますし、貸金業者であっても審査が銀行並に厳しいところもあります。
貸金業者は、それこそかなりの数が存在するので、業者によって特徴やサービスも大きく異なるのです。
そのため、貸金業者だからと言って一括りにはできないのです。
金利や審査なども、法律による一定の制限はありますが、逆に言えば法律の範囲内であれば、自由に業者が設定することができるのです。
したがって、あえて金利を低くして、お客をたくさん確保する方法もあるわけです。

関連記事